ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ危機による核戦争は起こり得ない=米国防総省

© AP Photo / J. Scott Applewhiteロイド・オースティン国防長官
ロイド・オースティン国防長官 - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
テレビ局フォックスニュースのインタビューで米国のロイド・オースティン国防長官は、ウクライナ危機による核戦争は起こり得ないと表明した。
オースティン長官は、ウクライナでの紛争が核戦争にエスカレートする可能性があり得るかという同テレビ局の質問に、「そうしたことはあり得ない」と語った。
同長官は、「私たちを取り巻くすべての国際社会のメンバーは、そうしたことが起こらないようにするために必要なすべてのことを取り組んでいる。しかし、ウクライナには自衛権がある。私たちは同国への支援を続けていく。」と語った。
ウィリアム・ジョセフ・バーンズ中央情報局(CIA)長官 - Sputnik 日本, 1920, 15.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
米国のCIA長官、ウクライナに対するロシアの戦術核攻撃の危険性を警告
同時に、同国防長官によれば、核戦争が起こった場合、米国は自国を守ることが可能だという。同国防長官は、ジョー・バイデン大統領は、米国には自らの安全を守る能力だけでなく、「実現可能なリストを示し、大統領に適切な選択肢を提示する」大臣の能力も確信していると語った。
また、オースティン国防長官は、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相の核戦争の可能性に関する発言を危険視した。同長官は、こうしたレトリックではウクライナの紛争解決にはつながらないと述べた。また、オースティン国防長官は、「核戦争に勝者はいない」と強調した。
関連ニュース
ロシア 大陸間弾道ミサイル「サルマト」の発射実験に成功
世界は現在、歴史の中で最も危険な時期にある=トランプ氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала