沖縄 八重山地方で1時間に110ミリの猛烈な雨 「記録的短時間大雨情報」

© AP Photo / Koji Sasahara
雨 - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
日本の気象庁は沖縄県の八重山地方に「記録的短時間大雨情報」を発表し、災害発生の危険があるとして、安全確保を呼びかけた。与那国空港は1時間に110ミリの豪雨が観測された。NHKが気象庁の発表を引用して報じた。
NHKの報道によれば、沖縄県の八重山地方では前線の影響で大気の状態が非常に不安定になり、局地的に雨雲が発達している。与那国町付近では1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったことがレーダ解析で確認されており、与那国島ではこうした猛烈な雨が降る傾向はしばらく続くと予想されている。

気象庁は浸水や川の氾濫の警戒のほか、土砂災害や落雷や竜巻などの激しい突風に対する注意を呼びかけている。
関連ニュース
日本の研究グループ、隕石から核酸塩基すべてを検出 世界初
日本 知床半島沖の観光船事故で10人の死亡を確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала