Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ワクチン2回ではウイルス量減らず、オミクロン株=東大

© 写真 : Dado Ruvic/IllustrationJ&J製ワクチン
J&J製ワクチン - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
新型コロナウイルスのオミクロン株について、既存のメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの2回接種では肺や鼻のウイルス量を30~50分の1しか減らせないことをハムスターの実験で確認したと、東京大などの研究者が26日発表した。日本メディアが伝えている。
研究結果は米科学誌「Cell Reports」に掲載されている。
産経新聞によると、研究者らは、モデルナ社製mRNAワクチンの接種から7カ月が経過したハムスターに、従来株かオミクロン株をそれぞれ感染させ、肺と鼻のウイルス量を調査
その結果、未接種での感染と比べ、従来株への感染では、1回接種で100分の1、2回接種で10万分の1に肺と鼻のウイルス量が減った。一方、オミクロン株への感染では1回接種では目立った効果はみられず、2回接種でも肺で50分の1、鼻で30分の1程度しかウイルス量を抑えられなかったという。
イスラエルの医療従事者 - Sputnik 日本, 1920, 26.04.2022
新型コロナウイルス
イスラエル 帰国者の中から新たなオミクロン系統株「BA.4」の感染者3人を確認
研究者らは「今後も出現してくるであろう変異ウイルスに対して、幅広く対応できる免疫を長期間に渡って誘導できるワクチンの開発が必要だ」と指摘している。
関連ニュース
ネコからネズミへ、そしてヒトへ オミクロン株発生について研究者が仮説を発表
新型コロナ「5類」引き下げ 「現時点での変更は現実的ではない」=岸田首相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала