ポーランドとブルガリアがルーブル建てによるガスの購入を拒否、露国営企業がガスの供給を27日から完全停止

© Sputnik / Maxim Blinov「ガスプロム」
「ガスプロム」 - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
ポーランドの公営ガス会社PGNiGは、ロシア通貨のルーブル建てによる天然ガスの購入を拒否した。これを受け、ロシアの国営企業「ガスプロム」は4月27日以降、天然ガスの供給を完全に停止することをポーランド側に通達した。ガスプロム社はブルガリアへの供給も停止する。
ガスプロム社は4月26日、PGNiGに対しヤマルLNGプロジェクトに基づく供給を完全に停止することを通達したという。ポーランド側によると、ガス輸送システムは常に機能しているほか、他の供給源によりガス貯蔵庫の充填も行われており、ガスは需要に応じて消費者のもとに届いているとのこと。ポーランド側のデータによると、地下貯蔵庫の充填率は80%近くに達し、これは例年同時期比でも飛躍的に高いという。
石油(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
原材料費、ウクライナ情勢で歴史的高水準、24年まで続くか=世界銀行
ガスプロム社は天然ガスの売却にロシア通貨の利用を義務付けたロシア大統領令に従い、契約企業に対してルーブル建てでの購入を迫っていたものの、ポーランド側はこれを拒否していた。
ポーランド側はロシア側からのガス供給停止は契約違反にあたるとして抗議している。供給停止の発表を受け、契約内容に基づいて天然ガスの供給再開を実現するため、しかるべき措置を講じるとポーランド側は表明している。
関連ニュース
元独首相がロシア産燃料の禁輸措置に反対、ロシアの孤立は不可能
ロシアの天然ガス輸入禁止は、ロシアよりオーストリアに「打撃」=オーストリア財相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала