中国国防省 日米は『宇宙の脅威』を捏造している 断固反対=人民網

中国国防省の譚克非報道官 - Sputnik 日本, 1920, 29.04.2022
人民網は29日、中国国防省は米国と日本による中国の「宇宙の脅威」捏造に断固とした反対を表明したと報じた。
人民網が報道を引用して報じたところによると、「米国防情報局は先ごろ、中国軍は世界の偵察衛星の約半数を保有・運用しており、米国とその同盟国に対する監視・追跡・測位が可能であるとの報告書を発表した」。また「日本・自由民主党の宇宙・海洋開発特別委員長は、中国の『宇宙の脅威』に対処するため、自衛隊に『宇宙作戦総隊』を設置し、宇宙関連の防衛予算を増額すべきだと発言した」という。
ドイツ旗 - Sputnik 日本, 1920, 28.04.2022
岸田首相 ショルツ独首相と初会談 対露姿勢を確認で中国けん制に協力
自由民主党の宇宙・海洋開発特別委員会は4月中旬、安全保障における宇宙利用に関する提言を纏めた。提言には「宇宙作戦総隊」の創設などについて記されている。
これらを受け、中国国防省の譚克非報道官は「米日が事実を顧みず、いわゆる中国の『宇宙の脅威』を捏造・誇張するのは、宇宙における自らの軍拡、優勢的地位追求の口実作りが目的であり、中国側はこのやり方に断固として反対する」と表明した。
関連ニュース
中国国防省 ソロモン諸島に基地建設報道を否定
中国外交部が米国へ呼びかけ 台湾海峡での扇動行為を中止せよ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала