ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

「私に何を言わせたいんだ?」:国連事務総長、ウクライナ訪問

© 写真 : UN Photo/Eskinder Debebeグテーレス国連事務総長とゼレンスキー・ウクライナ大統領との共同記者会見
グテーレス国連事務総長とゼレンスキー・ウクライナ大統領との共同記者会見 - Sputnik 日本, 1920, 29.04.2022
国連のグテーレス事務総長は、26日にロシアの首都モスクワを訪問して同国のプーチン大統領と会談した後、28日にウクライナの首都キーウ(キエフ)に到着し、同国のゼレンスキー大統領と会談した。グテーレス氏によると、その主な目的は「戦争を止めること」だとし、同氏は「戦争」は「完全な悪」であり「21世紀に起こってはならない」と述べた。
今回の訪問の議題における重要な問題はウクライナ東部マリウポリだった。グテーレス氏はマリウポリについて「危機の中の危機だ」と述べた。
グテーレス氏は、マリウポリにあるアゾフスタリ製鉄所の敷地内からの民間人の退避に国連及び赤十字国際委員会(ICRC)が参加することにプーチン大統領が同意したことを伝えた。ゼレンスキー氏は、市民の退避についてウクライナは協議する用意があると表明した。
グテーレス事務総長 - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
欧州の安全保障への露の不満を理解=グテーレス事務総長、プーチン大統領と会談
なおグテーレス氏は、ワシントン・ポストの記者からマリウポリに関するプーチン氏との話し合いについてさらに多くの情報を求められたとき、厳しい反応を示した。
「何を望んでいるんだ?あなたは人々が救出されることを望んでいるのか?それともこの救出の妨げになる何かを私に言わせたいのか?」
またゼレンスキー氏は28日夜のビデオメッセージで「会談終了直後に、ロシア連邦によるキーウへのミサイル攻撃が行われた」と述べた。
ロシアのプーチン大統領は2022年2月24日、ドンバスの2つの共和国の指導者からの依頼を受けて、特殊軍事作戦を実施すると発表した。その後、米国、EU、英国、その他の多くの国が大規模な対ロシア制裁を発動し、ウクライナ当局への武器供与を増やした。
関連ニュース
国連事務総長、ロシアとウクライナ訪問の意向  両首脳に受入れ求める
露大統領がアゾフスタリからの民間人退避活動に国連と赤十字の参加を許可=国連報道官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала