2023年ユニバーシアード開催地をロシアのエカテリンブルク市から変更

© Sputnik / Vladimir Astapkovichロシアのエカテリンブルク
ロシアのエカテリンブルク - Sputnik 日本, 1920, 29.04.2022
国際大学スポーツ連盟(FISU)は、2023年夏季ユニバーシアードの開催地をロシアのエカテリンブルクから別の都市に変更することを決定した。同機関の公式サイトで発表された。
発表では、「本日、FISU実行委員会のオンライン会議で、2023年夏季ユニバーシアードの開催地を、ロシアのエカテリンブルクから別の都市に変更することを決定した。また、FISUの大会へのロシアとベラルーシの選手の出場も停止された。」と述べている。
ISU ポスター - Sputnik 日本, 1920, 25.04.2022
フィギュア特集
ISU ロシアメンバーを除外 理事立候補も認めず
ユニバーシアードは2023年8月7日から19日までの日程で開催が予定されていた。
これに先立ち、FISUは、2022年9月に予定されているスポーツアコードワールドコンバットゲームズの開催権をエカテリンブルグから剥奪している。同大会はトルコのサムスン市で開催される。同様に、ロシアで開催予定だった2つの大学世界選手権(カザンのラグビー、モスクワのパワーリフティング)と、ベラルーシのミンスクで予定されていた水上スキーとウェイクボードの大学世界選手権も中止された。
ロシアのテニス選手、ウィンブル選手権への出場が禁止
「スポーツは政治とは関係のない存在だと強く信じたかった」 プルシェンコのアイスショーについてロシアのスケーターがコメント
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала