ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国とEUは独立国としてのウクライナの運命に無関心=露ラブロフ外相

© Sputnik / Russian Foreign Ministry / フォトバンクに移行露ラブロフ外相
露ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 30.04.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、米国と欧州連合(EU)は「最後のウクライナ人まで」ロシアと戦う意向であり、独立国としてのウクライナの運命には無関心であると意見を表明した。
ラブロフ外相は、さまざまな武器がポーランドや他のNATO諸国を経由し、はてしない流れでウクライナにやってくると指摘した。
ラブロフ外相は「これはすべて『侵攻との戦い』という名目で行われているが、実際、米国とEUは『最後のウクライナ人まで』ロシアと戦うつもりだ。そして、彼らは国際関係での独立した主体としてのウクライナの運命には全く無関心なのだ」と非難した。
ロシアのラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 30.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアはNATOと戦争状態にあるとは考えていない=露ラブロフ外相
先に、米国の元上級外交官であるチャス・フリーマン氏は、この危機はロシアに対するネガティブな態度を強め、米国内の軍需複合体にとって好都合であり、NATOを強化するものだと指摘。同氏は、米国はロシアと「最後のウクライナ人まで」戦うと結論づけた。
関連ニュース
西側の反露路線には見通しがない ロシアを弱体化させることにはならない=露ラブロフ外相
西側はウクライナへの兵器供与競争に興じている=ロシア外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала