カブールのモスク爆発、イスラム国が犯行声明=メディア

© 写真 : Screenshot過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS)
過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS) - Sputnik 日本, 1920, 01.05.2022
4月29日にアフガニスタンの首都カブールのモスクで起きた爆発事件に対し、テロ組織「イスラム国(IS)」(ロシアでは活動禁止)が犯行声明を出した。フランス通信社が伝えた。
複数のメディアの報道によれば、爆発は金曜礼拝の後に発生した。アフガニスタン内務省副報道官は、この事件で10人が死亡、15人が負傷したと発表した。一方、ロイター通信はモスクの責任者の言葉を引用し、死亡者の数は50人にのぼっていると報じている。
9.11テロ - Sputnik 日本, 1920, 29.04.2022
9.11テロのテロリストの映った映像が初公開
フランス通信社がISのテレグラム・チャンネルの情報を基に伝えるところによれば、戦闘員がカブールで、ミニバスの近くに仕掛けられた爆弾を炸裂させた。
アフガニスタンでは、IS傘下の「ホラサン州」が活動を行なっている。2021年8月末には、アフガニスタンからの避難が行われていたカブール空港で爆発が起き、13人の米軍兵士と数十人の地元住民が死亡した。米国はこのテロ事件を「ホラサン州」によるものとして非難し、戦闘員2人をドローン攻撃で殺害した。また2021年10月にアフガニスタンのシーア派モスクで爆発が起き、120人以上が死亡、およそ150人が負傷した事件に対しても、ホラサン州が犯行声明を出した。なお、ホラサン州の指導者、サナウラ・ガファリはロシアのテロリスト・過激主義者リストに含まれている。
関連ニュース
ロシアをテロ支援国家のリストに追加する問題を検討=米国務省
日本人2人殺害関与、元IS戦闘員に終身刑=米裁判所
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала