新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

翼竜の羽毛の色 研究で推測が可能に

恐竜 - Sputnik 日本, 1920, 04.05.2022
約1億1500万年前に生息していた、空飛ぶ爬虫類「翼竜」の頭部に生えていた羽毛の色が、ベルギー王立自然科学研究所の研究チームによって推定された。この発見をまとめた論文が科学誌「ネイチャー」に掲載されている。
研究者らは今回、翼竜「トゥパンダクティルス・インペラトル」の化石を調査した。この翼竜の後頭部には2種類の羽毛があるが、それがどのような色をしていたのかは明らかになっていなかった。
研究者らがこの羽毛を調べてみると、メラノソーム(色素を含む細胞内小器官)が見つかった。メラノソームがあれば、その形や密度から色が推定可能になる。メラノソームが大きいと、グレーや青の色素であることを示す。一方で、細長く、平らで、空洞のあるメラノソームは、明るい色であったり、玉虫色であったことを示すという。
大型の肉食恐竜と並ぶ翼竜「Dearc sgiathanach」のイメージ図 - Sputnik 日本, 1920, 22.02.2022
英スコットランドで発見されたジュラ紀の「翼竜」、世界最大と判明
発見されたメラノソームを分析したところ、この2種類の羽毛の色は、暗い色と明るい色であると推測できた。
英国の古生物学者のジェイコブ・ビンザー氏によると、体色は恐竜の生態を理解するのに役立つという。1億1000万年前に生息していた巨大草食恐竜「ボレアロペルタ・マークミッチェルアイ」には捕食者である敵がいないと思われていたが、その体色から周囲にとけこむカモフラージュが可能であると推定できることから、捕食者が存在したと考えられている。一方で、ゾウやサイのように捕食者がいない動物には、体の色彩パターンがないという。
関連ニュース
中国で新種のよろい竜類が見つかる
恐竜の化石から古代の呼吸器感染症の痕跡が見つかる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала