日本で「ロシアの北海道への侵攻」を想定したシナリオが報じられる

北海道 - Sputnik 日本, 1920, 04.05.2022
週刊現代は4月29日、「プーチンのロシア軍が北海道へ侵攻したら… 防衛省が覚悟する『決戦』のシナリオ」という記事を掲載した。
週刊現代はこの記事の中で近年は中国と北朝鮮への警戒ばかりが叫ばれていたが、いまはロシアこそ、もっとも予断を許さない相手である」と指摘している。
記事の中では元陸上自衛隊陸将で千葉科学大学客員教授の山下裕貴氏がロシアの北海道侵攻は備えなければならない有事です」と述べている。同氏は、米国とロシアの緊張が高まれば、ロシアにとって原子力潜水艦を配備することで米国に対する核攻撃が可能となる北海道の北東に広がるオホーツク海が重要なエリアになるとし、「米国の同盟国である日本の影響力をオホーツク海から完全に排除するために、北海道の一部を占領する。その可能性はゼロではありません」と指摘している。
林外相 - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
露議員「ロシアは北海道の権利有する」 林外相「根拠ない」
日本の防衛省では冷戦時代から、「ロシアの北海道への侵攻」がシミュレーションされ、「道北エリアの稚内市、浜頓別町、天塩町の3方面から同時侵攻してくる」確率が高いと考えられているという。
週刊現代は、日本の陸上自衛隊の中で「精鋭」と呼ばれ、道北の防衛を担当する第2師団の司令部が置かれる旭川が「戦火にさらされる日がやがてやってくるかもしれない」と報じている。
関連ニュース
日本政府が2003年の表現を復活、ロシアが南クリルを「不法占拠」=共同通信
日本の水産物市場が不透明性に震え上がる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала