Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

感染拡大からニューヨークで新型コロナ警告レベルが引き上げ

© AP Photo / Mark Lennihanニューヨーク
ニューヨーク - Sputnik 日本, 1920, 05.05.2022
ニューヨークのアダムズ市長は、米国でもっとも人口の多い都市での新型コロナの感染症例数が、1日あたり2500件に増加した後、市内における新型コロナ感染リスクが中程度(黄色)となったと発表した。ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。
2022年1月にニューヨーク市長に就任したエリック・アダムス氏は、学校でのマスクの着用義務や、レストランやスポーツジム、映画館への入場時の予防接種の要件など、新型コロナに関する規制を3月初旬に解除していた。しかし、ニューヨーク市民は、最低水準となる2022年3月のリスクレベル(緑色)を維持することができなかった。当時、1日当たりの新型コロナの感染症例数は600人未満だった。報道によれば、5月初旬以来、同市では毎日約2500件の新しい症例が記録されていることから、市長はニューヨーク市の新型コロナ感染のリスクレベルが中程度(黄色)となったと発表した。
ソウルでマスクをつける女性 - Sputnik 日本, 1920, 18.04.2022
新型コロナウイルス
「グッバイ、コロナ!」 韓国、大半の制限解除へ
現在、ニューヨーク市では、毎日平均50人が入院し、約4〜5人の市民が亡くなっている。ニューヨーク・タイムズ紙は、2022年1月の「オミクロン株」の感染爆発時には、1日あたりの入院者数は1000人にまで増加し、死亡者数は1日あたり120人以上になったと報じた。
この間、通信社「スプートニク」は、新たな感染爆発から、中国の北京市の全居住者を対象に新型コロナウイルス検査が実施されると報じている。
関連ニュース
反ワクチン行為で神真都Q会リーダー格が逮捕
日本の研究者、新型コロナに対する新しいウイルスコーティングを開発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала