日本、2050年カーボンニュートラル実現の費用は24兆円 経済産業省が試算

© AP Photo / Keystone/Sandro Campard二酸化炭素
二酸化炭素 - Sputnik 日本, 1920, 06.05.2022
日本の経済産業省は、2050年のカーボンニュートラルを実現するための費用が、鉄鋼や化学などの素材産業で24兆円にのぼるとの試算を出した。6日、NHKが報じた。
NHKが経済産業省を引用して報じたところによると、2050年のカーボンニュートラルの実現に必要な設備投資や研究開発の費用は、鉄鋼業で10兆円、化学産業で7兆4000億円、セメントで4兆2000億円、製紙産業で2兆4000億円となり、素材産業全体で24兆円に上る。
日本政府は2020年10月、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラルを目指すことを宣言し、脱炭素社会の実現に向けた技術開発を支援する2兆円の「グリーンイノベーション基金」を創設した。
気候変動 - Sputnik 日本, 1920, 15.04.2022
日本 2020年の温室効果ガス排出量が1990年以来、最低水準に
NHKによると、日本政府はこの基金を活用し、例えば「製鉄の際に二酸化炭素を排出する石炭の代わりに水素を使う研究開発」などを支援している。
日本政府は、2030年度に温室効果ガスを2013年度から46%削減する目標を掲げているほか、2050年カーボンニュートラルを目指している。
関連ニュース
中国、エベレスト山頂に気象観測施設を設置
気候変動でミツバチの身体が小さくなった
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала