キューバ・首都ハバナの議会前のホテルで爆発 8人死亡 ガス漏れか

© AFP 2022 / Adalberto Roque爆発があったホテル「サラトガ」
爆発があったホテル「サラトガ」 - Sputnik 日本, 1920, 07.05.2022
6日、キューバの首都ハバナのホテル「サラトガ」で大きな爆発があり、これまでに少なくとも8人が死亡した。原因はガス漏れとみられている。現地の各メディアが伝えている。
キューバ紙「Noticias Cuba」などの報道によると、爆発は現地時間6日早朝に発生し、建物が大きく損傷。これまでに少なくとも8人が死亡、19人が負傷したといい、行方不明者も複数人いるとみられる。爆発の原因はガス漏れとみられており、液化ガスをボンベから移す際に爆発が起きたという情報もあるという。
ホテル「サラトガ」は旧市街に位置し、通りを挟んでキューバの議事堂に面している。1880年 建造で2005年に改修された。
関連ニュース
フィリピンでM5.9の地震が観測
巨大竜巻が街を襲う、12人けが=米カンザス州
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала