新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

塩加減を瞬時に正確に評価できるロボット 英研究者らが開発

ロボット - Sputnik 日本, 1920, 08.05.2022
英ケンブリッジ大学の研究者らは、人間と同じように噛むことで食べ物の塩分濃度を評価できるロボットを開発した。ロボットにこの能力を導入することで、塩加減を素早く正確に評価する能力が大幅に向上したという。この研究をまとめた論文が、オープンアクセス科学ジャーナル「フロンティア・メディア」に掲載されている。
人間が食べ物を噛むと、唾液と混ざり合って消化酵素が作用し、食感や味が変化する。そこで研究者らは、オムレツを作ることができるロボットに、人間と同じように食品の味を感知できるよう訓練を施すことにした
研究者らは、スクランブルエッグとトマトを使った料理9種類を用意し、そのロボットに塩分センサーとして機能するプローブを搭載した。これらの料理は、あらかじめ塩で味付けされている。
ロボットカフェ「ドゥニャーシャ」の発表会に登場したロボット店員のドゥニャーシャ(ロシア・ペルミ、20日) - Sputnik 日本, 1920, 21.04.2022
ミセスコン優勝者がロボットに ロシア中部にロボットカフェがオープン
研究者らは、咀嚼で食感が変化するプロセスを再現させるため、ロボットにはミキサーで細かくしたものを与えた。そしてロボットが味見をすると、わずか数秒で味の良し悪しを評価し、同種のロボットと比べて塩加減を上手く判断できるようになったという。
研究者らは、人間の咀嚼と味覚のプロセスをロボットに模倣させることで、ロボットが人々が好む食品や、味の好みに応じた料理を作れるようになることを期待している。
関連ニュース
上海でロボット犬が住民にコロナ対策を遵守するよう呼びかけ
日本人がロボットにバナナの皮むきを習得
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала