新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

2万年分の電力を供給できるほどの太陽フレア NASAがその出現に関する理論を発表

© NASA/SDO太陽フレア
太陽フレア - Sputnik 日本, 1920, 08.05.2022
米航空宇宙局(NASA)の研究者らが、最も危険なタイプの太陽フレアがどのように出現するかを説明する理論を明らかにした。このタイプのフレアでは、全世界に2万年分の電力を供給できるほどの膨大なエネルギーを放出する。同局がウェブサイトで発表している。
研究者らによると、太陽フレアが起こるのは、太陽のプラズマ乱流により急激に発達する「磁気リコネクション」が原因だという
磁気リコネクションは、固体、液体、気体に続く第4の物質状態と呼ばれることもあるプラズマの中で起こる現象。プラズマは気体状の分子が分離して陽イオンと電子に分かれている状態のことを指し、プラズマは磁場に対して非常に敏感に反応するという。
ベロヤルスク原子力発電所 - Sputnik 日本, 1920, 28.04.2022
困難に直面の日本経済に原子力セクターは助けとなるか ロシア人専門家の見解
NASAの研究者によると、磁気リコネクションが起きる過程では、プラズマに含まれる陽イオンと電子が急激に動き出すようになる。このとき不安定なエネルギーの真空状態が起こり、その後真空状態が爆発し、膨大なエネルギーが放出されるという。
研究者らによると、このエネルギーが太陽フレアであり、磁気リコネクションの過程を理解することで、核融合の解明や太陽嵐の予測に役立つ可能性があると指摘している。
関連ニュース
NASA、8つの惑星科学ミッションを延長 火星探査など
40億光年前の巨大彗星が地球に接近中 カリフォルニア大学が確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала