北京でも「不滅の連隊」 コロナ禍にも関わらず300人近くが参加

© Sputnik / Анна Раткогло / フォトバンクに移行北京で大祖国戦争戦勝記念日に「不死身連隊」
北京で大祖国戦争戦勝記念日に「不死身連隊」 - Sputnik 日本, 1920, 08.05.2022
北京で大祖国戦争戦勝77周年記念日に「不死身連隊」行進が組織され、中国人を含む約350人が参加した。参加者らは戦時中に歌われたソ連の歌謡曲に合わせ、参戦した人々の写真を掲げて行進した。リアノーボスチ通信が報じた。
中国では「不滅の連隊」は2016年から中国各都市で組織されている。今年2022年はコロナウイルスの感染阻止規制により、「連隊」は初めてロシア大使館の敷地内を行進した。
「不滅の連隊」に参加した一人、1938年生まれの中国人女性チャイ・エリはリアノーボスチ通信からの取材に対し、戦時中は世界各国の共産党指導者の子弟が集められたソ連のイバノボの「インタードーム」(国際子どもの家)にいたこと、北京での「不滅の連隊」の行進は一度も欠かさず参加していると語った。
「私の祖父が参戦しました。極東の第88独立射撃旅団で大隊長を務めていました」
「不滅の連隊には毎年参加しているます。私たちにとって戦勝記念日は最大の祝日なのです。戦時中、私たちはずっとそこ(ソ連)にいたのですから」
「不滅の連隊」は、大祖国戦争の参加者と犠牲者を追悼する取り組みで、ロシアでは全国的な規模で組織されている。
関連ニュース
在日ロシア大使館で催し「不滅の連隊」が開催
「不滅の連隊」行進が88カ国で実施に=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала