1945年5月9日は我われの1つの旧ソ連国民の勝利の日=プーチン大統領

© Mikhail Metzel/POOL / フォトバンクに移行ウラジーミル・プーチン大統領
ウラジーミル・プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 09.05.2022
ロシアのプーチン大統領は5月9日の「戦勝記念日」のパレードで演説し、その運命が決まる重要なとき、祖国防衛は常に何にもまして大切なものだったと述べた。
またプーチン氏は、国際関係ではあらゆる意見のくい違いがあるものの、ロシアは常に平等と不可分な安全保障の構築を支持してきたと述べた。

「昨年12月、我われは安全保障に関する条約の締結を提案した。(しかし)すべて無駄だった!NATO加盟国は我われの話に耳を傾けようとしなかった。そしてこれは実際のところ彼らには全く別の計画があったことを意味している。そして我々はそれを目にした。公然とドンバスでの懲罰作戦、クリミアを含む我われの歴史的な土地への侵攻に向けた準備が進められ、北大西洋条約機構(NATO)ブロックは我われに隣接する地域の活発な軍事的開発を開始した。このようにして我われにとって全く受け入れがたい脅威が生まれた。すべてがネオナチとの衝突は避けられないことを物語っていた」

プーチン氏は「世界大戦の惨禍が繰り返されてはならない」と述べた。
ロシア連邦のウラジーミル・プーチン大統領は2022年2月24日の演説で、ロシアは1940年後半から1941年初頭にかけたソビエト連邦指導部の過ちを繰り返すことを「許さない」と述べた。
当時、ソ連は戦争の勃発を未然に防ぐ、または遅らせようとしたが、1941年6月22日の侵略者の攻撃に向けた準備が整っていなかったため、その結果、ソ連は莫大な損失を被った。
関連ニュース
ロシアは孤立することはなく、孤立させることはできない=プーチン大統領
ロシアとウクライナのネオナチ部隊との衝突は時間の問題だった=プーチン大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала