プーチン大統領へのG20 への招待状はバイデン大統領の「頭痛の種」

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi / フォトバンクに移行ロシアのプーチン大統領、G20サミットにビデオ会議で出席
ロシアのプーチン大統領、G20サミットにビデオ会議で出席 - Sputnik 日本, 1920, 09.05.2022
インドネシアのジョコ・ウィドド大統領がロシアのウラジーミル・プーチン大統領を20カ国・地域首脳会議(G 20)サミットに招待したことにより、ジョー・バイデン米大統領は、自らが戦争犯罪者と名指しした世界のリーダーとともにどのようにしてサミットに参加するのかという大きなジレンマに陥っている。ワシントン・ポスト紙が報じた。
米国が世界の政治と経済からロシアを完全に除外しようとする試みは、すべてのパートナー国がロシアに背を向けようとはしていないという現実に直面することになった。2022年にG20の議長国を務めるインドネシアは、米国からの強力な圧力に屈することなく、国際法に従い、G20のすべての加盟国の指導者を例外なく招待した。もっとも、インドネシア大統領は、ウクライナのゼレンスキー大統領をサミットに招待するというバイデン大統領の唯一の望みも叶えた。こうした決定について、インドネシア大統領は、G20を結束させ、分裂に反対するためだと説明している。
ワシントン・ポスト紙によれば、ウラジーミル・プーチン大統領はインドネシアからの招待を受け、G20サミットに出席する予定だという。一方、ウクライナのゼレンスキー大統領は今のところ、出席を確定してはいない。というのも、2ヶ月にわたって、世界に対し、オンライン形式でのみ訴えかけてきたゼレンスキー氏が対面での首脳会談に出席できるかどうかは疑問だからである。
G20 - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
ロシアはG20から排除されるのか?
また記事では、ジョー・バイデン大統領にとって、ウラジーミル・プーチン大統領との対面での会談は真の「頭痛の種」となっていると強調されている。とはいえ、バイデン大統領は、自身の代わりに別の誰かをサミットに派遣したり、あるいは会談をまったくボイコットすることを望んではいないとワシントン・ポスト紙は書いている。なぜなら、それは米国が重要な世界の経済会議で中国とロシアに譲歩することになることを意味するからである。
インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が、ウクライナへの武器供給の依頼を拒否したものの、人道支援を提供する用意はあると述べたというニュースについては、「スプートニク」に過去の記事よりお読みいただけます。
関連ニュース
ギリシャの鉄道労働者 米国の装甲車の輸送を拒否=メディア
インド、ウクライナ支援の自衛隊機の受け入れ拒否
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала