ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン米大統領、ウクライナへのレンドリース法(武器貸与法)に署名

© Sputnik / Pavel Bednyakov / フォトバンクに移行バイデン米大統領
バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 10.05.2022
ジョー・バイデン米大統領は、ウクライナへの軍事支援の提供を簡素化するレンドリース法(武器貸与法)に署名した。
両院で承認されたこの法案は、他国への軍事支援の提供を簡素化することを目的としている。
米国議会のウェブサイト上にある同法案の説明によると、特に、「ロシアによる侵攻を受けたウクライナや他の東欧諸国を対象とした場合、軍事物資を貸与する大統領の権限に関わる特定の制限」を一時的に無効にする。この法案は1月に上院に提出されていた。
ウクライナ軍 - Sputnik 日本, 1920, 07.05.2022
ウクライナをめぐる情勢
米国がウクライナに1億5000万ドル相当の追加軍事支援=ホワイトハウス
レンドリース法は第二次世界大戦中に広まった。当時、米国は旧ソ連を含む反ヒトラー連合の同盟国に対し、武器や戦略物資を部分的に相互提供した。
バイデン政権による、ウクライナ支援に向けた330億ドル規模の追加予算の計上要請は議会で審議中。このパッケージには、ウクライナへの204億ドルの「追加の軍事および安全保障支援」、85億ドルの経済支援が含まれている。
関連ニュース
米上院がウクライナのレンドリース法案を承認
ウクライナ防衛のために米軍の派遣を許可する決議案が連邦議会に提出
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала