マクロン仏大統領、新たな欧州政治共同体への英国の参加 否定せず

© Sputnik / Alexey Vitvitskiy / フォトバンクに移行EU、英国
EU、英国 - Sputnik 日本, 1920, 10.05.2022
フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、自身が新たに「欧州政治共同体」の創設を提案した中で、英国は「居場所を見つける」ことができるとし、英国の参加を否定しなかった。
マクロン大統領は9日、欧州議会で演説し、ウクライナの欧州連合(EU)加盟プロセスには数年さらには数十年かかる可能性があるとした。これに関して、マクロン氏は、ウクライナやその他の国をメンバーとして受け入れることができる「欧州政治共同体」の創設を提案した。
2022年5月7日にパリ・エリゼ宮で行われたマクロン大統領の2期目の就任式 - Sputnik 日本, 1920, 08.05.2022
仏マクロン大統領、2期目の就任式 「フランス国民の期待に応える」
マクロン氏は、仏大統領府が放送した独ベルリンでのオラフ・ショルツ首相との共同記者会見で、「この共同体は、EU離脱を決定した英国のような国々との異なる形での連携を見つける手段である。英国は新たな政治共同体で居場所を見つけることができる」と表明した。
関連ニュース
フランスの欧州議会議員、ウクライナの武装化を止めるよう呼びかけ
ゼレンスキー大統領、対露制裁についてEUの「一体性」に期待 米国を例に挙げる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала