東京都「パートナーシップ宣誓制度」案を公表 11月から運用開始予定

© AFP 2022 / Leon Neal同性カップル
同性カップル - Sputnik 日本, 1920, 11.05.2022
日本の東京都は10日、性的マイノリティのカップルの関係を公的に認める「東京都パートナーシップ宣誓制度」案を公表した。来月6月に第二回都議会定例会で関連条例の改正案を提案し、10月中下旬に届け出の受付を開始、11月1日から制度の運用を開始する予定。
「東京都パートナーシップ宣誓制度」案によると、制度創設の目的は「多様な性に関する都民の理解を推進するとともに、パートナーシップ関係に係る生活上の不便の軽減など、当事者が暮らしやすい環境づくりにつなげる」こと。
Revellers take part in the 19th Gay Pride parade along Paulista Avenue in Sao Paulo, Brazil, June 7, 2015 - Sputnik 日本, 1920, 10.12.2021
チリ政府、同性婚を合法化
案では対象について、 双方又はいずれか一方が性的マイノリティで、双方が成年に達しており、双方又はいずれか一方が都内在住、在勤又は在学であることなどと規定されている。また国籍は問わないとされている。
手続きは、原則オンラインで実施されるという。
関連ニュース
日本 屋外でのマスク「必ずしも必要ではない」=松野官房長官
東京都、同性パートナーシップ制度導入の方針 来年度から
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала