ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

黒海のズメイヌィ島奪還作戦はゼレンスキー大統領自ら発出=露国防省

© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation / フォトバンクに移行ロシア国防省のコナシェンコフ報道官(アーカイブ写真)
ロシア国防省のコナシェンコフ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 11.05.2022
黒海に浮かぶズメイヌィ島への攻撃作戦は英国の軍事顧問らが考案したものの、ウクライナ軍の参謀本部はこれに反対だった。一方、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は5月9日の戦勝記念日に向けて成果を急いだことから、攻撃命令を自ら下した。ロシア軍幹部が記者団に伝えた。
ロシア軍は5月7日以降、ズメイヌィ島を奪還しようとするウクライナ軍の試みを複数回にわたって退けた。ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官によると、ウクライナ軍はこの作戦で14機の戦闘機とヘリ、30機の無人機、及び50人の兵士を失った。
ゼレンスキー大統領はメディア向けの成果を上げるため、奪還命令を自ら下した。ただし、英国の軍事顧問らが考案したこの作戦に参謀本部は反対だったという。
当初の計画では輝かしい戦果についてボリス・ジョンソン英首相とゼレンスキー大統領が共同声明を発表する予定だったものの、結果的にはジョンソン首相のみが演説を行った。しかし、作戦失敗については一切言及しなかった。
関連ニュース
フィンランドとスウェーデンが週明けにもNATOに同時加盟申請へ=フィンランド紙
米海軍、ロシアにより北大西洋での存在感が高まる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала