塩野義、初の純国産ワクチン 早ければ6月にも承認申請へ

© 写真 : SHIONOGI & Co.製薬大手の塩野義
製薬大手の塩野義 - Sputnik 日本, 1920, 11.05.2022
製薬大手の塩野義(大阪市中央区)は11日、開発中の新型コロナワクチンについて、6、7月を目処に国に承認申請すると明らかにした。承認申請は国内の製薬会社のワクチンとしては初めて。同社が開いた記者会見の内容をもとに、日本の各メディアが伝えている。
NHKなどの報道によると、塩野義が開発中のワクチンは「組み換えたんぱく質ワクチン」というタイプで、これまでに3000人余りを対象に臨床試験を行い、安全性や有効性が確認されたという。
塩野義は当初、昨年度内の申請を目指してきた。同社の手代木功社長は「試行錯誤があって当初の予定より遅れた」と説明し「完成度の高いワクチンだと自負している」と自信をみせた。
関連ニュース
日本 新型コロナ水際対策 「緩和すべき」48%=JNN世論調査
日本 緊急経済対策は2段階のアプローチで実施
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала