新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

アルツハイマー病発症を7年前に予測できるバイオマーカー 研究者らが発見

© 写真 : Pixabay高齢者(アーカイブ)
高齢者(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 11.05.2022
アルツハイマー病の発症を7年前に予測できるバイオマーカー(指標)を、アイルランド国立大学ゴールウェイ校が発見した。この研究をまとめた論文について、科学誌「ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディズィーズ」が伝えている。
同大学のエマー・R・マックグラス氏らは、2011年から2014年にかけて54人の血液サンプルを分析した。これらの被験者の平均年齢は約64.4歳で、7年間にわたって脳のスキャンを実施した。この中にはアルツハイマー病の症状がでている被験者もいたという。
被験者の血液を分析した際、タンパク質「P-tau181」の血中濃度が上昇している被験者がいることが分かった。そこで分析を進めたところ、このタンパク質はアルツハイマー病の異常タンパク質であるアミロイドベータの蓄積の大きさと関連していることが判明した
高齢者 - Sputnik 日本, 1920, 04.05.2022
新型コロナウイルス
新型コロナ感染後の認知障害は、50歳から70歳までの加齢に伴う認知機能の低下と同様のもの
さらにこの研究では、P-tau181はアミロイドベータの兆候を予測する上で、他のバイオマーカーよりも優れていることが分かった。これまでアルツハイマー病の発症は、最初の兆候が現れる3〜4年前に予測できたが、P-tau181を指標とすることでより早い時期である7年前に観察できることが分かった。
研究者らは、この研究結果を臨床現場や研究に応用することで、アルツハイマー病の早期発見が可能になると指摘している。
関連ニュース
研究者が新しい失語症の形態を発見 脳腫瘍切除後に発生
昼寝は認知症の前兆かも 研究で明らかに
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала