ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国は世界市場でウクライナ産穀物を代替可能=バイデン氏

© AFP 2022 / Jim Watson ジョー・バイデン大統領
ジョー・バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 12.05.2022
穀物の輸出ができなくなっているウクライナに代わり、米国はその不足分を世界市場に供給することができる。ジョー・バイデン大統領が表明した。
バイデン大統領によると、ウクライナは 黒海沿岸の港町がロシアの艦隊によって封鎖されていることから、小麦だけで2000万トン以上も出荷できない状況にあるという。一方、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相はウクライナ側が港を封鎖し、数十の船舶の出港を許可していないと説明している。その中には小麦を積んだ船も含まれており、ロシア側はこれらの船舶を人道回路経由で出荷することを提案しているものの、ウクライナ側はこの提案に応じないという。
バイデン大統領は米イリノイ州の農地を訪れた際、次のように発言した。

「皆さん、私たちは米国の農業輸出でウクライナの供給不足を補填できます。実際のところ、私が大統領に就任してから最初の1年間で米国の農業輸出はこれまでのあらゆる記録を塗り替えました。1770億ドルです」

ドイツが露ガスのルーブルでの支払いを開始=イタリアのドラギ首相 - Sputnik 日本, 1920, 12.05.2022
ドイツが露ガスのルーブルでの支払いを開始=イタリアのドラギ首相
一方、ウクライナ産の小麦が出荷されない場合、アフリカでは多くの人々が餓死するとバイデン大統領は警告している。アフリカでは、ウクライナ産とロシア産の小麦に依存する国が多く、東アフリカのソマリアはウクライナとロシアからの輸入が100%で、他にもこうした国は数多くあるという。また、軍事衝突が続いていることから、ウクライナの農家は次の収穫に向けた準備が出来ずにいるとも指摘した。
小麦と大麦の生産量はウクライナとロシアだけで世界全体の3割に達するほか、コーンは25%、ひまわり油は50%を超える。ウクライナ産とロシア産の穀物は特に貧困層で必要とされており、発展途上国ではこれらの国々から輸入する小麦が全体の3割を占めている。
関連ニュース
ブラジル、米国の石油増産の要請を拒否
米大統領、インフレの責任者についての質問に明確に答えず
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала