経済危機のスリランカ、裁判所が辞任の前首相の国外脱出禁止

© AFP 2022 / Jewel Samadスリランカ国旗を掲げる抗議デモ参加者
スリランカ国旗を掲げる抗議デモ参加者 - Sputnik 日本, 1920, 12.05.2022
経済危機で抗議デモが広がるインド洋の島国・スリランカの裁判所は12日、引責して辞任したマヒンダ・ラジャパクサ前首相を含む17人の政治家やその家族の国外脱出を禁止する決定をした。スリランカのニュースサイト「Adaderana」が伝えている。
Adaderanaの報道によると、この決定は、9日にコロンボの首相公邸付近で起きた政権擁護派と反対派の衝突事件の捜査に関連している。この衝突でこれまでに少なくとも9人が死亡、200人以上が負傷したと伝えられている。
マヒンダ・ラジャパクサ前首相は経済危機による国民の抗議活動の高まりから9日に辞任を表明。だが、世論の怒りは収まらず、大統領公邸や閣僚や議会議員らの自宅が放火された。
ドイツのアナレーナ・ベアボック外相 - Sputnik 日本, 1920, 01.05.2022
抗議者がドイツ外相の演説妨害をもくろむ 「戦争支持」に反対
スリランカは現在、アジア諸国の中で最も高いインフレ率となっており、食糧や燃料の供給途絶、輸入品の支払いに必要なドルの不足など、1948年の建国以来最悪の経済危機に陥っている。国民の間ではゴタバヤ・ラジャパクサ大統領の退陣を求める反政府デモが拡大し、死傷者も出る事態となっている。
関連ニュース
スリランカ、国外在住の自国の市民に送金求める
食糧不足、抗議デモ、通貨危機・・・スリランカで今何が起こっているのか?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала