ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国がロシアの軍事指導者に関するデータのウクライナへの提供を禁止=WP

© 写真 : president.gov.ua米国がロシアの軍事指導者に関するデータのウクライナへの提供を禁止=WP
米国がロシアの軍事指導者に関するデータのウクライナへの提供を禁止=WP - Sputnik 日本, 1920, 12.05.2022
米国政府は、ウクライナへ情報を提供するためのガイドラインを作成した。ガイドラインには、ロシアの軍事指導者とウクライナ国外の標的に関する情報の提供の禁止が含まれる。ワシントン・ポストが報じた。
同紙によると、米政府はロシアとの間の緊張の高まりを回避するために情報提供ガイドラインを作成した。
このガイドラインは諜報機関の職員向けに作成されており、米国がウクライナへ提供できる情報のカテゴリに2つの広範な禁止事項を課している。
1つ目は、ロシア軍のゲラシモフ参謀総長やショイグ国防相など、「ロシア軍の代表者の命を奪うのに役立つ情報」の提供に関するもの。禁止はロシアの将校や将軍には適用されないという。
2つ目の禁止は、「ウクライナが国外のロシアの標的を攻撃するのに役立つ」情報の提供に関するもの。
ドイツは米国に頼らずウクライナでの生物兵器プロジェクトを実現する=露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 12.05.2022
ウクライナをめぐる情勢
ドイツは米国に頼らずウクライナでの生物兵器プロジェクトを実現する=露国防省
これより前、ロシアのペスコフ大統領報道官は、ロシア軍は米国、北大西洋条約機構(NATO)、英国がウクライナに兵器だけでなく情報活動で得た情報も提供していることを知っており、これが特殊作戦の迅速な終了に寄与することはないが、特殊作戦の完遂を妨げることもないと述べていた。
関連ニュース
米国はロシアの特殊作戦が始まるずっと前からウクライナに兵器を供与していた=米国防総省
黒海のズメイヌィ島奪還作戦はゼレンスキー大統領自ら発出=露国防省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала