「現時点で露産天然ガスの禁輸は実現できない」=独副首相

ドイツ旗 - Sputnik 日本, 1920, 13.05.2022
ドイツのロベルト・ハーベック副首相兼経済・気候保護相は12日、ベルリンで行われた記者会見で「ドイツは現時点で露産天然ガスの禁輸を実現することはできない」と表明した。
ハーベック副首相は「我々は現時点で露産天然ガスを禁輸することはできない」と発言し、代替供給先や天然ガスの備蓄の確保など、独政府には解決しなくてはならない課題があると表明した。
露産石油の禁輸の検討についても言及したが、経済の崩壊に至らなくとも価格の上昇やサプライチェーンの断絶につながるとして、慎重な姿勢を示した。
LNG事業 - Sputnik 日本, 1920, 09.05.2022
欧州委員会 ロシア産ガスの供給停止の場合、諸国間で分け合う計画承認へ
欧州連合(EU)は2027年までの露産エネルギーへの依存からの脱却を目指している。5月初旬にはEUによる露産石油の一部禁輸案が議論されたものの、各国のエネルギー保障政策に関わるため、交渉は難航している。
関連ニュース
EUのロシア産エネルギー資源禁輸はハンガリーにとって原子爆弾に等しい=ハンガリー首相
ドイツが露ガスのルーブルでの支払いを開始=イタリアのドラギ首相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала