EU対露制裁第6弾、足並み揃わず 石油禁輸は見送りか=米報道

© Flickr / Giampaolo SquarcinaEU旗
EU旗 - Sputnik 日本, 1920, 13.05.2022
ウクライナ情勢を背景とした対露制裁第6弾の準備を進める欧州連合(EU)が、ロシア産石油の禁輸を見送る検討に入った。露産エネルギーへの依存度が高いハンガリーやスロバキアなどが禁輸に慎重な姿勢を示しており、加盟国間での連携の難しさが浮き彫りとなった。米政治情報サイト「Politico」が伝えている。
Politicoの報道によると、制裁の決定には加盟全27カ国の賛成が必要となるが、露産石油の依存度が高いハンガリーはこれに強く反対。現在議論されている制裁内容から石油禁輸は除外するという案が出ているという。
萩生田経済産業相 - Sputnik 日本, 1920, 05.05.2022
萩生田経産相 露産石油禁輸の可能性をめぐり「直ちに足並みをそろえてというのは難しい」
EUは2027年までに露産天然ガス、石油、石炭への依存から脱却を図っている。5月4日にはEU加盟国は露産石油の禁輸について議論したが、合意に達することができず引き続き交渉が行われていた。
また、ハーベック独副首相も「ドイツは現時点で露産天然ガスの禁輸を実現することはできない」と表明するなど、EUが露産エネルギーから直ちに脱却するのは困難なようだ。
関連ニュース
日本のENEOS ロシア産原油の荷受けは4月が最後
欧州のガス価格高騰加速で20%上昇 1000m3あたり15万円以上に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала