スウェーデンとフィンランドがNATOに加盟すればロシアの潜在的な攻撃対象=露国連次席大使

© AP Photo / Vadim GhirdaNATO(北大西洋条約機構)
NATO(北大西洋条約機構) - Sputnik 日本, 1920, 13.05.2022
スウェーデンとフィンランドがNATO(北大西洋条約機構)に加盟し、これらの国々にNATO軍の部隊が配備されれば、それはロシア軍にとって潜在的な攻撃対象となる。ドミトリー・ポリャンスキー国連次席大使が英ニュースサイト「アンハード」(UnHerd)のインタビューに応じた中で表明した。
ポリャンスキー国連次席大使は取材に応じた中で、スウェーデンとフィンランドが NATOに加盟すれば、ロシア側が「対抗措置に出ることを彼らは知っている」、と発言した。また、NATOの部隊が展開すれば、これらの領土は「攻撃可能な目標」となり、それはNATO加盟国にとってロシア領が攻撃目標となり得ることと同様と説明した。
ホワイトハウス - Sputnik 日本, 1920, 13.05.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
NATOは防衛同盟、ロシアの脅威ではない=ホワイトハウス
ロシア側はNATOを「極めて非友好的な軍事同盟」と認識しているとした上で、次のように発言した。
「彼らが加盟しないことを期待する。しかし、彼らがこれを行えば、これはロシアではなく、彼らにとって最悪の決定となる」
国連次席大使はウクライナ危機を踏まえ、ロシアはNATOの脅威に対抗する用意があり、これを阻止する上で必要不可欠な措置をとったとも発言した。
また軍事専門家ではないとしつつ、核大国であるロシアと事を構え、仮にロシア存亡の危機となれば、あらゆる選択肢を検討するとも指摘した。
関連ニュース
米上院がウクライナへの巨額な追加軍事支援法案をブロック、「米国経済を犠牲にしてまでウクライナは助けられない」
フィンランドのNATO加盟目的は国家安全保障の強化=ニーニスト大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала