米国がロシアによる最新大陸弾道弾ミサイルの使用を制限したい=ロシアの駐米大使

© Министерство обороны РФ / フォトバンクに移行大陸弾道弾ミサイルRS-28「サルマト」
大陸弾道弾ミサイルRS-28「サルマト」 - Sputnik 日本, 1920, 15.05.2022
ロシアの駐米大使であるアナトリー・アントノフ氏は、米国がロシアの水中無人機「ポセイドン」や最新の大陸弾道弾ミサイルRS-28「サルマト」を気に入っていないと表明した。
アントノフ氏は、米国が将来の戦略的軍備管理条約ではそれらの使用を禁止または制限したいと述べた。
アントノフ氏は「彼らは『ポセイドン』を気に入っておらず、『サルマト』も気に入っていない。学界の代表者との会議で、将来の軍備管理協定では、『ポセイドン』は禁止されるべきで、『サルマト』の使用を制限するべきだと常に言われている」語った。
ロシア国防相のセルゲイ・ショイグ陸軍大将 - Sputnik 日本, 1920, 19.04.2022
ロシア軍、新たな戦闘方法の導入へ=ショイグ露国防相
ロシア国防省は4月20日、同国で国家実験の枠内において「サルマト」の初の発射実験が実施されたと発表した。
これより前、ロシアの最新の大陸弾道弾ミサイルRS-28(サルマト)の実験成功について、政治専門の週刊誌「ディフェンス・ニュース」は、米国は核三原則の刷新の重要性を突き付けられたと報じていた。
関連ニュース
空の戦いで優位性を失う日本
日本は先制攻撃することができるのか? 防衛に関する提言をめぐる論争
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала