Окинава в 1972 году - Sputnik 日本, 1920
沖縄の本土復帰50年
2022年5月15日、沖縄県は日本の支配下に戻ってちょうど50年になる。沖縄は長い歴史の中で、国際政治の流れに伴い、何度も急激な変化を経験してきた。1945年4月から6月まで続いた沖縄戦では、日本軍9万5000人、米軍1万2510人が犠牲となった。その後、沖縄は米軍に占領された。第二次世界大戦の結果、沖縄は米国の支配下となり、1972年まで米政権下に置かれていた。沖縄は1972年に日本に返還されたが、その後も沖縄は東アジアにおける米軍の重要な拠点となっている。現在、日本の米軍施設の74%が沖縄に集中し、沖縄の5分の1を占めている。

沖縄本土復帰50年 岸田首相「基地負担軽減に全力」

© AFP 2022 / David Mareuil/POOL岸田首相
岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 15.05.2022
5月15日、沖縄の本土復帰から50年を迎えた。日本政府と沖縄県は共同で、沖縄で記念式典を開催。岸田首相は基地負担の軽減に全力で取り込むことを強調した。一方で玉城・沖縄知事は政府に対し、平和で豊かな沖縄の実現に向けての努力を求めた。NHKが報じている。
沖縄の本土復帰50年記念式典は、沖縄県宜野湾市と東京・港区の2会場をオンラインで中継し、開催された。沖縄の会場には岸田首相や玉城知事が出席した。
沖縄の日の出 - Sputnik 日本, 1920, 14.05.2022
沖縄の本土復帰50年
50年前、日本列島の南海の「真珠」が返還された
岸田首相は「復帰から50年経った今もなお、沖縄の皆様には大きな基地負担を担っていただいている。政府として重く受け止め、引き続き基地負担の軽減に全力で取り組んでいく」と述べた。
一方、玉城知事は「復帰から50年経った現在も、我が国の国土面積の0.6%にすぎない沖縄県に全国の在日米軍戦闘施設の面積の70.3%が集中し、米軍人・軍属による事件や事故、騒音、環境汚染等、県民は過重な基地負担を強いられ続けている」と指摘。
空手家ワレリー・マイストロヴォイさん - Sputnik 日本, 1920, 15.05.2022
沖縄の本土復帰50年
ロシアにおける沖縄空手の第一人者が語る、沖縄修行を夢見た日々と日本への郷愁 本土復帰50周年に寄せて
そのうえで玉城知事は政府に対し、沖縄の本土復帰の意義と重要性について国民全体の認識の共有を図るとともに、すべての県民が真に幸福を実感できる平和で豊かな沖縄の実現に向けて取り組むよう求めた。
関連ニュース
日本 沖縄県議会 日米地位協定の改定や経済振興を求める意見書を可決
日本の国交省 沖縄県の不承認を取り消し 米軍普天間基地の移設計画
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала