米カリフォルニア州の教会で発砲事件 1人死亡、5人負傷

CC0 / kat wilcox / crime scene tape米国、事件
米国、事件 - Sputnik 日本, 1920, 16.05.2022
米カリフォルニア州の教会で、現地時間15日午後、発砲事件が発生。1人が死亡し、5人が負傷した。同州南部オレンジ郡の保安官事務所が伝えた。
先に、郡警察は教会で発砲事件があり、「数人の負傷者」が出たこと、また1人を拘束し、武器を没収したと報告した。
保安官事務所のツイッターには、「4人が重傷、1人が軽傷を負った。負傷者は全員成人で、病院へ搬送された。現場では1人が死亡した」と述べられている
米国では過去2日間で2回発砲事件が発生した。14日、ニューヨーク州バッファロー市で、スーパーマーケットで何者かが銃を乱射する事件が発生。現地メディアのバッファロー・ニュースは、10人が死亡し、さらに3人が負傷、うち2人は重体だと報じた。拘束された18歳の容疑者は、終身刑を規定している第1級殺人容疑で起訴された。警察は人種差別を動機とした発砲事件とみている
ジョー・バイデン米大統領は、特別に発表された声明の中で、14日の事件を国内テロと評した。また、ホワイトハウスは「大統領とジル夫人は、17日に(事件現場となった)バッファロー市を訪問する」と発表した。
関連ニュース
米、先住民の寄宿学校で500人超が死亡=報告書
米裁判所、コカ・コーラの企業秘密を中国に流出図った容疑で女に禁固14年
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала