ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ドイツ EUの合意なしでも、年内にロシア産石油の禁輸へ=ブルームバーグ

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行ドイツのショルツ首相
ドイツのショルツ首相 - Sputnik 日本, 1920, 16.05.2022
ドイツは、欧州連合(EU)が次の対露制裁のパッケージの枠内でロシア産石油の禁輸について合意に至らないとしても、年内にロシア産石油を禁輸とする模様。ブルームバーグが複数のドイツ政府関係者の情報を元に報じている。
消息筋によると、ドイツのオラフ・ショルツ首相は、ウクライナにおけるロシア軍の特殊作戦に対応して、EU規制の一環として国家計画を推進する意向。ショルツ政権はすでに代替供給源となる業者との取引に取り組んでいるが、石油不足を補う国のリストはまだ発表されていない。ドイツ政府は、6〜7か月以内に物流の問題を解決できると確信しているという。
EU旗 - Sputnik 日本, 1920, 13.05.2022
EU対露制裁第6弾、足並み揃わず 石油禁輸は見送りか=米報道
ブルームバーグの指摘によると、石油制裁やエネルギー安全保障といったテーマは、19日に予定されているショルツ首相とオランダのマルク・ルッテ首相との会談、および20日のカタールのタミム・ビン・ハマド・サーニ首長との会談の主なトピックになる。
ウクライナの情勢により、多くの西側諸国が対露制裁のいくつかのパッケージを科した。EU諸国はロシア産石油とガスを禁輸する可能性について真剣に検討している。EU制裁の第6パッケージはロシア産石油の禁輸を規定しているが、複数のEU諸国、特にハンガリーがこれに反対している。
関連ニュース
EU側からの石油の禁輸に耐えうるロシア経済
アフガン ロシア産ガス、石油の購入を計画
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала