イタリア北部 第2次世界大戦中の不発弾発見 約1万人避難

© Depositphotos / Ovbelov第2次世界大戦中の空軍の不発弾
第2次世界大戦中の空軍の不発弾 - Sputnik 日本, 1920, 16.05.2022
イタリア北部リグーリア州タッジャ市では第2次世界大戦中の米空軍の不発弾が発見され、15日午前に約1万人が避難した。現地新聞「Il Secolo XIX」ネット版が報じている。
重量450キログラムを超える爆破装置がアルジェンティーナ川底部で発見。タッジャ市当局は爆弾処理作業を15日に行うこととし、対象物から半径1.5キロメートルを特別「レッドゾーン」とした。
関連ニュース
コンゴ カトリック教会で爆弾が爆発
カンボジア 第2次大戦中の米航空爆弾が首都中心部で発見、540キロの爆薬ごと無害化
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала