ロシア、船外活動中の宇宙飛行士を救助するロボットを開発

宇宙 - Sputnik 日本, 1920, 17.05.2022
サマラ国立研究大学の研究者らが、宇宙船の船外にいる宇宙飛行士を自動で救助するロボット複合体を開発した。
研究者らは、これまでロシアでも国外でも、船外活動を行う宇宙飛行士らの移動のための設備はいくつも作られてきたが、宇宙服にジェットエンジンが取り付けられたこれらの設備には共通の欠点があったと指摘する。宇宙服と移動のための設備をつけた宇宙飛行士はかなりの重量となるため相当量の圧縮ガスが必要となるというのである。つまり、大きくて重い設備は、船外活動の際に一定の障害になる。加えて、飛行士がたとえば活動中に意識を失った場合、そのような設備は使えなくなり、自分でステーションに戻ることができなくなるのだという。
宇宙空間で人間は呼吸できる 鍵となるのはバクテリア - Sputnik 日本, 1920, 21.03.2022
IT・科学
宇宙空間で人間は呼吸できる 鍵となるのはバクテリア
この度、ロシアの研究者らが開発したロボット複合体は、宇宙飛行士が宇宙船とのコンタクトを失った際に、自動または監視する別の飛行士の指示に従って「救助」モードになり、瞬時に宇宙飛行士を確保しうる最適な軌道を計算し、その軌道上に救助のための小型衛星を発射する。小型衛星は宇宙飛行士に向かって飛び、自動または宇宙飛行士による手動で、救助ロープを宇宙服につけられた特別な装置とを連結させ、その後、ロープを巻き上げ、救助した飛行士を宇宙船に引き戻すことができるという仕組みになっているとのこと。
ロシアの研究者が、植物の種子を宇宙で保管する施設の建造を計画しているというニュースは「スプートニク」の過去の記事よりお読みいただけます。
関連ニュース
ロールス・ロイス 宇宙で酸素と水を生産する新技術の開発へ
「月周辺へ自分の名前を打上げ」:NASAが希望者のデータをロケットに搭載し宇宙に発送
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала