マリ政府、西側の支援を受けたクーデターについて発表

© Sputnik / Valeriy Melnikov / フォトバンクに移行マリ
マリ - Sputnik 日本, 1920, 17.05.2022
マリ政府はクーデターを未然に防いだと発表した。クーデターは、「西側の国家」に支援された軍人によって計画されたと言われているが、具体的な内容は明らかになっていない。
発表では、「マリ共和国の反改革派の将校と下士官のグループが、2022年5月11日から12日の夜にクーデターを試みた。これらの軍関係者を西側諸国が支援していた」と述べている。
同国政府によれば、この事件に対応し、マリ当局は国境のゲートや首都バマコへの侵入ルートでの管理を強化したという。
仏軍はマリ共和国での集団埋葬の隠蔽を図っている マリ国民暫定議会議員 - Sputnik 日本, 1920, 06.05.2022
仏軍はマリ共和国での集団埋葬の隠蔽を図っている マリ国民暫定議会議員
発表によれば、現在、状況は管理下にあり、拘束者は司法機関に引き渡されているという。
2020年の夏以来、マリ共和国では軍事クーデターが2度発生しており、イブラヒム・ケイタ大統領が政権を追われている。その後、軍によりンダオ氏が暫定大統領に指名された。 マリ共和国では2025年12月に選挙の実施が予定されている。
関連記事
クーデターから1年 ミャンマー情勢に懸念=林外相
バイデン米大統領 2021年の議事堂襲撃事件はクーデターの試み
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала