日本政府、物価対策で2.7兆円補正予算案を閣議決定 全て赤字国債で補填

© Flickr / Japanexperterna.se日経株価ほぼ5%下落、市場は「円高が続けば株価の下落も続く」と危惧
日経株価ほぼ5%下落、市場は「円高が続けば株価の下落も続く」と危惧 - Sputnik 日本, 1920, 17.05.2022
日本政府は17日、ウクライナ情勢の悪化などを背景にした物価高騰対策の実行のため、総額2兆7009億円規模の2022年度補正予算案を閣議決定した。財源は国の借金である赤字国債の追加発行で補うとしている。日本の各メディアが伝えている。
産経新聞などの報道によると、補正予算の内訳は、石油元売り会社への補助金などの燃料価格抑制策に1兆1739億円、これまでの物価対策のために取り崩した予備費の補填に1兆5200億円を計上する。予備費のうち、新型コロナ対応のものについては、物価高騰対策にも拡大して使用する。
鈴木俊一財務相は「予期せぬ財政需要に迅速に対応し、国民の安心を確保するために必要な措置と考えている」として、6月15日までの国会会期末までの成立を目指すとしている。
経済 - Sputnik 日本, 1920, 17.05.2022
日本の対ロ制裁は国民に打撃を与えている
日本政府は4月26日、物価高騰の緊急対策として、6兆2千億円の国費投入を表明していた。国費はガソリン価格抑制や低所得世帯向けの給付金支給などに使われ、民間資金も合わせた事業規模は13兆2000億円になるという。予備費については、直接的なコロナ対策以外に使途を拡大しているなどとして、野党からは乱用を危惧する批判もあがっているという。
関連ニュース
日本の長期債務が初の1000兆円超え
日本の大手銀行3社、3500億円以上の引当金 対露制裁の影響で=NHK
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала