ロシアの最新型戦闘機「チェックメイト」の生産開始時期が明らかに

© Sputnik / Alexey Maishev  / フォトバンクに移行ロシアの最新型戦闘機「チェックメイト」
ロシアの最新型戦闘機「チェックメイト」 - Sputnik 日本, 1920, 18.05.2022
2027年の量産開始を目指し、軽量型戦闘機「チェックメイト」の設計書の作成が進められている。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との会談で武器メーカー「ロステック」のセルゲイ・チェメゾフCEOが語った。
同CEOは、「私たちは2027年に量産を開始する予定だ」と述べた。
同氏によると、現在、設計書が作成されており、サンプルが準備されているという。チェメゾフCEOは、航空機は予算を組むことなく、企業の独自負担で開発が行われていると明かした。
初のモデル機は、2023年末から2024年初頭に製造が予定されている。
レーザーシステム「ペレスヴェート」の試験 - Sputnik 日本, 1920, 18.05.2022
ロシア、5キロ離れた地点からドローンを燃やすことができるレーザー試験実施
チェックメイトは、スホーイ社(ロステック傘下の航空機メーカー)によって製造されたロシア初の第5世代の戦闘機。同機は2021年7月に発表されている。
Su-75チェックメイトの名称は、英語で「王手詰め」を意味している。ロステックのチェメゾフ氏によると、チェックメイトの価格は2500万ドル(約27億5500万円)~3000万ドル(約33億600万円)となる。ロシアでは、15年間で有人バージョンのSu-75チェックメイトが300機製造される計画。また無人バージョンの戦闘機も製造予定。
第5世代となる軽量の戦略的シングルエンジン型戦闘機「チェックメイト」は、低い視認性と高い飛行・戦略性、飛行時の低コストを特徴とし、アビオニクスの高度な複合体を機体に装備している。
関連ニュース
ロシアの新型戦闘機Su-75チェックメイト その特徴とは?
韓国、国産次世代魚雷の射撃実験に成功=聯合ニュース
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала