昨日までは仏ルノー、今日から「モスクヴィッチ」 ロシア撤退のルノー、工場はロシアの国に残す

© Sputnik / Ramil Sitdikov  / フォトバンクに移行モスクワのルノー工場
モスクワのルノー工場 - Sputnik 日本, 1920, 19.05.2022
ロシアとCIS諸国が最大の市場であった仏自動車メーカー、ルノーは、対露制裁が発動されたため、モスクワにあるルノー工場の資産と、仏ルノーグループの子会社アフトヴァズの株式68%を1株1ルーブル(2.02円相当)で売却する選択に迫られた。ルノーのロシア撤退後、ルノー工場はモスクヴィッチ工場となり、生産はアフトヴァズが担う。
英ガーディアン紙によると、ルノーのルカ・デメオCEOは、チャンスが現れ次第、ルノーは直ちにロシアに戻る準備ができており、その目的のために今回事業をロシアの国に渡すことで保護を図ると述べた。

「本日、我々は困難ではあるが必要な決断を下した。ルノーは、グループの効率性と将来的にロシアに復帰する能力を維持しつつ、ロシアにおける4万5千人の従業員に対して、責任ある選択をする」

ガーディアン紙はまた、モスクワのセルゲイ・ソビャニン市長がルノーの決断を支持し、失業防止のために市が工場を引き継ぐと発言したことも伝えている。一方でモスクワのルノー工場は、由緒ある「モスクヴィッチ」ブランドの乗用車の生産を、今度は技術的に新しいプラットフォームで再開していく。ソビャニン市長は、将来はモスクヴィッチの工場で電気自動車を生産すると展望を語っている。
トヨタ - Sputnik 日本, 1920, 11.05.2022
トヨタ自動車 日本国内の一部工場で稼働停止へ 上海ロックダウンで
ルノーのクロスオーバー「ダスター」も数奇な運命をたどることになり、ルノーとの契約でロシアで「ラーダ」ブランドとして生産されることになった。
マントゥロフ産業貿易相によると、アフトヴァズは、ロシアへの部品、部材供給などの支援を約束したルノーとともに、今後も自動車生産を続けていく。その際にマントゥロフ産業貿易相は、ルノーには今後 6 年間はアフトヴァズの資本に戻る可能性は温存されるものの、ルノーがモスクワにもっていた工場を買い戻すことはできないと念を押した。
厳しい経済状況にもかかわらず、ルノーはロシアで2022年4月だけで2231台を販売した。ただし上海のルノーのディーラーは1台も売ることができなかった
関連ニュース
上海の日系企業、60%超が操業停止 ロックダウンで
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала