ルノー 電気自動車への性急な移行は環境にダメージ

© AP Photo / Jacques Brinonルノー
ルノー - Sputnik 日本, 1920, 19.05.2022
ルノ-のルカ・デメオCEOは、自動車生産を急いで完全に電気自動車のみに移行した場合、かえって社会、金融、環境の観点から問題が生じ、それを迅速に解決するのは難しいとの見解を表している。
欧州委員会はディーゼルエンジン、ガソリンエンジン、ハイブリッドエンジンを搭載する新車の販売を2035年までに全面的に禁止しようとしているが、デメオ社長はこうした戦略は危険との見方を示している。デメオCEOは、ルノー社としても電気自動車に対する忠誠心はあるものの、それでも化石燃料用エンジンの生産に仕向ける投資を全面的に停止するのはまだ得策ではないとの見方をしめした。
デメオ氏は、内燃機関の自動車への需要はまだ天井には達していないため、電気自動車の生産技術にすべての資金を投資すると、化石燃料エンジンへの投資が減り、結果的には技術的に進歩せず、汚染度はさらに高くなると警告している。また、電気自動車のバッテリーの生産とその後の廃棄に関する技術はまだレベルが低く、ハイブリッド車の使用よりも環境負荷が高いと指摘している。
自動運転車(イメージ) - Sputnik 日本, 1920, 23.04.2022
テスラ、2024年に完全自動運転の車を実現へ
フォルクスワーゲングループのヘルベルト・ディースCEOもデメオ氏の考えに同意している。ディース氏は、電気自動車にあまりにも迅速に移行するには生産やEVの使用を支えるインフラの欠如も少なからず重要な障害となっていると指摘し、これを整えるためにどれだけの時間と資金が必要になるかも現時点ではわからないと語っている。
スプートニクは欧州で2035年から電気自動車以外の車の登録が完全に禁止される場合、いかなる失業問題が起こりうるかについて報じている。
関連ニュース
イーロン・マスク氏 ロボットはEVより商業的に成功する
日本のホンダ 年間200万台の電気自動車生産へ 2030年までに30種類
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала