中国軍爆撃機2機、宮古海峡上空を通過 侵犯なし ミサイル搭載か

CC BY-SA 4.0 / Alert5 / H-6K landing (cropped image)宮古海峡を通過した中国爆撃機と同系統の「H-6K」
宮古海峡を通過した中国爆撃機と同系統の「H-6K」 - Sputnik 日本, 1920, 19.05.2022
日本の防衛省は18日、同日午前に中国軍の爆撃機2機が宮古海峡(沖縄本島と宮古島の間)を通過し、太平洋の上空で旋回するのを確認したと発表した。領空侵犯はなかった。日本の各メディアが伝えている。
NHKなどの報道によると、確認されたのはH-6爆撃機で、対艦ミサイルのようなものが搭載されていた可能性もあるいう。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進して警戒、監視に当たった。防衛省はこの爆撃機が何らかの訓練や情報収集を行ったとみている。
林外相 - Sputnik 日本, 1920, 18.05.2022
林外相、中国に責任ある役割を要求 ウクライナ情勢めぐり
5月2日には中国海軍の空母「遼寧」が宮古海峡を通過。その後、3~15日の期間だけでヘリコプターや戦闘機の空母への離発着訓練が200回超確認されており、日本側は警戒を高めていた。
関連ニュース
日本の防衛相、南西諸島での中国の活発な活動について懸念を表明
中国東方航空墜落、「意図的な操作が原因」の可能性=WSJ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала