ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアは食料供給を継続、食料危機を「兵器」利用していない=露外務省

© Sputnik / Sergey Mamontov / フォトバンクに移行露ザハロワ外務省報道官
露ザハロワ外務省報道官 - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2022
ロシアは貿易上の義務、さらには発展途上国に対する人道支援上の食糧供給を継続しており、食料危機を「兵器」として利用していない。ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官がリアノーボスチ通信の取材に応じた中で発言した。
5月18日にはニューヨークで国連のWFP(世界食糧プログラム)が食料安全保障会議を開催した。この会議でWFPのデイビッド・ビーズリー事務局長はロシアが「兵器として食料危機を使用している」と発言した。これについてザハロワ報道官は敢然と抗議した。
アントニー・ブリンケン国務長官 - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアが食料危機を戦争の道具として使用=米国務長官
ザハロワ報道官によると、ロシアは貿易上の義務、及び発展途上国に対する二国間、あるいは多国間の枠組みを通して人道支援を行っており、その中にはWFPも含まれているという。ロシアは食料市場が安定して機能することに関心を持っていると発言した。
ロシアはウクライナ産穀物の輸出を妨害しておらず、ロジスティック上の問題はウクライナ側の責任で発生したと説明、港に機雷を設置したウクライナ軍の行為を非難した。
小麦畑 - Sputnik 日本, 1920, 18.05.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ、欧州へ小麦を輸出
先に米紙ウォールストリート・ジャーナルが外交官の消息らによる証言をもとに報じたところによると、国連事務総長はロシア側に対し、ウクライナの港から穀物を輸出させる許可と引き換えに、ロシアとベラルーシの肥料に発動されている制裁緩和に向けて努力することを約束したという。
一方、ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官はウクライナの港に機雷が設置されていることから、船舶の運航は危険であると表明していた。また、プーチン大統領はグテーレス事務総長との会談で、ロシアの穀物、及び肥料に発動されている制裁は世界の食糧安全保障にとって大きな脅威となると指摘していた。
関連ニュース
米上院 ウクライナへ過去最高の400億ドル支援を承認
ブルームバーグがウクライナ危機を妨害する3人の政治家を指摘
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала