日本との平和条約交渉は不可能となった=露外務省

© 写真 : Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation ロシア外務省第三アジア局のニコライ・ノズフドレフ局長
ロシア外務省第三アジア局のニコライ・ノズフドレフ局長 - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2022
ロシア外務省第三アジア局のニコライ・ノズフドレフ局長は共同通信のインタビューで、日本との平和条約交渉について、ロシア側は「以前は平和条約だけでなく、平和、友好、善隣関係に関する現代の事象に応じた本格的な包括的文書について交渉を行ってきた」が、平和条約交渉は不可能になったと述べた。
ノズフドレフ氏によると、このような文書は「貿易・経済協力やその他の実務分野における協力行動の大規模な拡大を含む露日関係全般」の発展を加速する主な方向性を定め、「重要な国際的および地域的な問題に関するアプローチを近づける意向や、一方の国に対して向けられた第三国のイニシアチブや行動に参加しないという保証を記載する」ものとなるはずだった。
またノズフドレフ氏は「現在の日本政府の反ロシア路線は、長期的な展望を含む、日本との今後の関係構築に直接映し出されている」と述べた。
露外務省 - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2022
過去3か月で日本は信頼できる有望なパートナーのイメージを失った=露外務省
関連ニュース
ロシアの対日制裁はロシアに損害を与えようとしている「日本の手をぴしゃりと叩く」予防的措置=露下院議員
対応分かれるロシアの日系自動車関連ビジネス 横浜ゴムは事業再開、日本郵船は撤退へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала