トレチャコフ美術館 襲撃で損傷のレーピンの名画が4年の修復を完了

© Sputnik / Сергей Пятаков / フォトバンクに移行トレチャコフ美術館 襲撃で損傷のレーピンの名画が4年の修復を完了
トレチャコフ美術館 襲撃で損傷のレーピンの名画が4年の修復を完了 - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2022
モスクワの国立トレチャコフ美術館所蔵のロシア人画家イリヤ・レーピンの作品で、2018年に起きた襲撃事件で大損傷を被った『イワン雷帝とその息子、1581年11月16日』の修復作業が完了した。同美術館が明らかにした。
「国立トレチャコフ美術館は、イリヤ・レーピン画『イワン雷帝とその息子、1581年11月16日』(1885年作)の4年にわたる修復作業を完了した。作業はその量と複雑さでロシアでは稀有な実践だった」トレチャコフ美術館はこうした声明を表した。
絵は襲撃を受けた際に防御硝子が破られ、中央部分に絵具の層、キャンバスにまで到達する裂け目が3か所生じて、作品全体が被害を受けていた。
関連ニュース
前澤友作氏が所有するバスキア作品 約109億円で落札される
天才版画家デューラーの未知の作品 複製と誤解で30ドルで売却の顛末
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала