NATO拡大を巡るトルコの懸念、バイデン大統領に考慮する予定はない=ホワイトハウス

© AP Photo / Evan Vucciジョー・バイデン米大統領
ジョー・バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2022
NATO(北大西洋条約機構)の拡大を巡りトルコ政府が懸念を示している点について、ジョー・バイデン米大統領は現時点においてタイイップ・エルドアン大統領と連携し、これを協議する予定はない。ジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)が表明した。
サリバン補佐官は大統領専用機内で行われたブリーフィングで、「現時点においてそうした計画はない」と発言した。
米国はフィンランド、及びスウェーデンと密接な連携を続けている。米国防総省のジョン・カービー公式報道官が19日のブリーフィングで発言したところによると、これら2カ国のNATO加盟承認に関する審議が行われる期間に必要となる安全上の保証について米国は関係各国と検討を行っているという。また、必要となれば米軍を派遣する可能性についてもこれら2カ国との協議を進めている模様。
トルコ国旗 - Sputnik 日本, 1920, 19.05.2022
トルコ、スウェーデンとフィンランドのNATO加盟を支持するための5つの条件を挙げる
トルコのチュルキイェ紙は19日、スウェーデンとフィンランドの北大西洋条約機構(NATO)への加盟について、両国が5つの基本的な条件を満たす場合、トルコ当局は両国のNATO加盟に関する立場を再検討する可能性があると報じた。スウェーデンとフィンランド両国の外交団は来週トルコを訪問する予定で、それに向けてトルコ当局は同国の立場とその要求を記した「スカンジナビア書類」を用意したという。
関連ニュース
トルコと米国がフィンランドとスウェーデンのNATO加盟承認を巡り交渉、「良い会談だった」=土外相
トルコがフィンランドとスウェーデンの NATO加盟承認と引き換えにロシア製ミサイル購入による制裁解除を要請=ブルームバーグ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала