中国海軍の空母など7隻 沖縄本島と宮古島間を往復

© AP Photo / Kin Cheung空母「遼寧」(アーカイブ)
空母「遼寧」(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 22.05.2022
中国海軍の空母「遼寧」など7隻の艦隊が沖縄本島と宮古島の間を通過して東シナ海に戻ったことが21日、確認された。日本の防衛省では、同空母が沖縄の南の太平洋を航行し、戦闘機などの発着が300回以上確認されていることから、訓練を行ったとみて、警戒と監視を続けている。NHKが伝えた。
日本の防衛省によると「遼寧」のほか、ミサイル駆逐艦など中国海軍の艦艇計7隻が21日に沖縄本島と宮古島の間を通過して東シナ海に入ったことが確認されている。
「遼寧」は今月3日以降、沖縄の南の太平洋を航行し、搭載の戦闘機やヘリが計300回以上にわたり発着したことが確認された。
防衛省では、中国海軍が遠方での作戦遂行能力の向上を目的に訓練を行ったとみて詳しい分析を進めている。
関連ニュース
オーストラリア、中国海軍の偵察船が沿岸に出現と発表
豪州、シドニーに新たな軍艦修理基地の建設を表明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала