米デトロイト空港 乗客が密かに持ち込もうとしたのは 100年以上前に絶滅の蛾

© Fotolia / Pink Badgerスーツケース
スーツケース - Sputnik 日本, 1920, 23.05.2022
フィリピンから米国に航空便で到着した乗客が、最後に姿が確認されたのは1912年という蛾の希少種を持ち込もうとしたことが明らかになった。事件は2021年9月にデトロイト空港で発生しており、最近になり報道された。インデペンデント紙が伝えている。
フィリピンから到着した男性乗客は国境警備の検査対象となった。検査官の注意を引いたのは乗客のもつ「何やら疑わしい」穴が複数ある箱だったという。
男性乗客は、薬用茶を栽培するつもりだと答えたという。
検査の過程で、箱の中には蛾の幼虫とさなぎが入っており、穴は蛾の「出口」であることが判明した。
乗客が荷物に忍ばせ米国内に持ち込もうとしたのは、100年以上前に絶滅したとされているSalma brachyscopalis Hampson Monthsであることがわかった。この後、蛾は蒸気滅菌で処分を余儀なくされた。
関連ニュース
気候変動でミツバチの身体が小さくなった
虫恐怖症の男性 克服祈願で864匹の虫タトゥーを自身に 米国
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала