日米首脳会談 「自由で開かれたインド太平洋」実現に向け日米でリード=岸田首相

© Fotolia / viperagp米国、日本
米国、日本 - Sputnik 日本, 1920, 23.05.2022
23日午前、日本の岸田文雄首相とジョー・バイデン米大統領による日米首脳会談が行われた。会談の様子はNHKが放送した。岸田首相は「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて、国際社会をリードしていきたい」と表明した。
NHKの記事によると、バイデン大統領は、会談の冒頭「米国は日本の防衛への責任を完全に果たす」と表明した。
一方、岸田首相は、「バイデン大統領の今回の訪問は、いかなる状況にあっても米国がインド太平洋地域への関与を強化し続けることを示している」と歓迎。「このようなときだからこそ、日米両国は、法の支配に基づく『自由で開かれたインド太平洋』の実現に向けて、国際社会をリードしていきたい」と強調した。
ジョー・バイデン米国大統領、東京で天皇陛下と会見 - Sputnik 日本, 1920, 23.05.2022
バイデン大統領、天皇陛下と会見 陸自による栄誉礼を受ける
また、岸田首相は「今回のバイデン大統領の訪日と日米首脳会談が意義あるものになることを心から期待したい」と述べた。
バイデン大統領は「今日、我々はインド太平洋経済枠組み(IPEF)を立ち上げることにしている。これは、地域の国々との連携を強化し、インド太平洋地域の人々に利益をもたらすことを目的としている」と強調した。
米国は、トランプ前大統領時代に米国が脱退した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に代わる枠組みとしてIPEFを提唱。供給網の確保などの4つの柱で連携し、現代の問題を解決する。
関連ニュース
台湾、IPEF発足に加わらず=米大統領補佐官
ブリンケン米国務長官も21日から24日まで来日 日米豪印首脳会合に参加
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала